血液に含まれるコレステロールを減少させるリピトール

リピトールは血液に含まれているコレステロールを減少させる効果がある医薬品です。

健康診断でコレステロール値が高いと診断された人は、リピトールを服用すると血中のコレステロール値を下げることができます。

コレステロール値が高いと高コレステロール血症になり、動脈硬化の原因になります。

リピトールを服用することによって動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や狭心症の予防につながります。

リピトールを服用することで減少するコレステロールは、LDLと呼ばれる悪玉コレステロールだけです。

HDLと呼ばれる善玉コレステロールは増やすことができ、血中のコレステロールのバランスが整います。

リピトールの心筋梗塞の予防効果や予後改善効果は、これまで数多くの臨床試験を行っており、心筋梗塞を予防する効果があることが証明されています。

リピトールを服用する時の注意事項として、アレルギー症状がある人は、医師と相談してから服用することが必要です。

持病がある人も事前に医師に申し述べておきます。

他の薬を飲んでいる人は飲み合わせが悪いと副作用が出る場合がありますので、現在飲んでいる薬を医師に報告することが必要です。

リピトールを服用すると、まれに横紋筋融解症の副作用が出ることがあります。

足のふくらはぎに筋肉痛の症状が現れた時には、服用を直ちに中止して、医師の診察を受けて下さい。