肝臓内のコレステロール合成を阻害する薬リピトール

リピトールは、「アトルバスタチン カルシウム」が成分になっている医薬品です。

高脂血症用剤として利用されていて、血液中のコレステロールを減らす効果があります。

主な薬の作用として、肝臓で行われているコレステロールの合成を阻害する効果があり、高いコレステロールの減少に期待ができる医薬品になっています。

悪玉コレステロール(LDL)が減少する一方、善玉コレステロール(HDL)は増加する効果があり、健康的な体の形成を手助けしてもらうことができます。

リピトールの特徴は、スタチン系のコレステロール低下薬であるということです。

HMG-CoA還元酵素阻害薬とも呼ばれていて、コレステロール低下作用が強く、効果が確実になっています。

スタチン系の中でも、強い効果がある薬とされていて、多くの人の上場を改善させることが期待できます。

国内の治験でのデータによると、平均して総コレステロール値を30%、悪玉コレステロール値を41%下げ、善玉コレステロール値が9%上がり、非常に良い効果を体にもたらせてくれます。

リピトールは、重い肝臓病の人や妊婦の人は服用することができません。

このほかにも、薬の服用を注意する必要がある場合もあるため、医師や薬剤師の指導をしっかりと受けてから服用する必要があります。