リピトールは、悪玉コレステロールを減らすお薬

リピトールは血液中コレステロールを減らす効果があります。

高コレステロール血症とは、血液中のコレステロール濃度が高い状態にあることです。

特に自覚症状は現れないため、気が付かないことが多い病気です。

だからと言って長期間放置しておくと動脈硬化が進んで狭心症や心筋梗塞の原因になります。

心筋梗塞は。

プラークという血管のコブが破裂して血管内に詰まることで起こります。

リピトールはそのような症状を元から断つための薬です。

コレステロールは肝臓で合成されまることで知られています。

よって、コレステロールが合成されるのを抑えれば血液中に流れこむコレステロールの量を減らすことができます。

ただし、リピトールは悪玉コレステロールと言われているLDLは減少させ、善玉コレステロールを増加させる効果についても確認されています。

リピトールはコレステロール以外に中性脂肪も低下させる効果があります。

1日1回服用するだけで効果を期待することができます。

ただし、肝臓に働きかける医薬品なので肝臓病の患者には使用することができません。

また、グレープフルーツジュースと一緒に服用すると効果が強く現れ血中濃度が上昇する恐れがあるため注意が必要です。