コレステロールを減らして動脈硬化を予防する薬リピトール

リピトールは血液中のコレステロールを低下させる薬で、狭心症や心筋梗塞などに繋がる動脈硬化を予防する効果が期待できますが、ダイエットに結びつけられることもあり、ダイエットを目的として服用されることもあります。

ダイエットを目的として服用するのは危険で、健康体で服用してしまうと、コレステロール値が必要以上に低下してしまい、くも膜下出血など生命に関わる症状を発祥する可能性があるので、健康体で摂取するのは控えたほうがいいかもしれません。

ただ、健康体でも肥満体の人のために処方される減量用の薬はあり、ダイエットの効果が高いものもあるのですが、肥満体でも平均の体重よりも少々太っているぐらいでは服用するだけで身体に負担がかかることもあり、処方されることはありません。

リピトールを狭心症や心筋梗塞などの治療のために服用するのではなく、ダイエットを目的として不要苦する場合は、不規則な生活習慣や食習慣を見直してみたり、毎日ジョギングをしたりストレスなどを溜め込まないようにすることで、ダイエットをすることもできますが、重度の肥満体でダイエットのために服用したい場合は、医師に相談して用法と用量を守りつつ服用するようにすると、トラブルを避けることが可能です。