リピトールは、血液に含有するコレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)などの脂質が一定の基準を超える脂質異常症の治療に用いられる医薬品であり、スタンチン系のヒドロキシメチルグルタリルCoA還元酵素阻害剤です。

脂質異常症を誘引するコレステロールは、一般的に普段の食事から過剰摂取されていると思っていますが、体内のコレステロールの約8割が肝臓で合成され、食事から摂取されるコレステロールは約2割と意外と少なめ事に驚かせられます。

コレステロールは、ヒドロキシメチルグルタリルCoAシンターゼの効果によりアセチルCoAとアセトアセチルCoAから合成されるヒドロキシメチルグルタリルCoAが、律速酵素ヒドロキシメチルグルタリルCoAレダクターゼによりメバロン酸に変換され肝細胞の小胞体や細胞質で合成されますが、リピトールは律速酵素ヒドロキシメチルグルタリルCoAレダクターゼの働きを阻害する事でコレステロールの合成を阻害します。

その結果、肝臓に蓄積されるコレステロール量が減少し、肝臓が血液中のコレステロールを取り込み肝臓に蓄積する為、血液中のコレステロールなどの脂質の量が減少し脂質異常症の症状を改善します。