高コレステロール血症の治療薬リピトール

リピトールは高コレステロール血症の治療に用いられる薬です。

リピトールというのは商品名で、薬の中に含まれている有効成分はアトルバスタチンと呼ばれる化合物です。

コレステロールというと食事中の脂質の影響が大きいと思われるかもしれませんが、実は体内のコレステロールのうち、食事中のコレステロールに由来するものは全体の2割程度に過ぎません。

では残りの8割はどこから来るのかというと、体内で合成されるのです。

そしてリピトールは、食事中のコレステロールの吸収を阻害したりするような薬ではなく、コレステロールの体内での合成を阻害する薬です。

体内で、コレステロールの合成は主に肝臓で行われます。

その合成経路の途中で、HMG-CoAと呼ばれる化合物が、HMG-CoA還元酵素によって還元され、メバロン酸と呼ばれる化合物に変わる反応があります。

できたメバロン酸が、その後さらに数段階の反応を経て最終的にコレステロールになるのです。

リピトールは、このHMG-CoA還元酵素の働きを阻害する効果を持っています。

その結果、メバロン酸が作られなくなり、結果としてコレステロールの合成も抑制される、というのがリピトールの作用の仕組みです。