血液中のコレステロールを減らすお薬リピトール

リピトールとは高コレステロール血症などに用いられる薬、血液中のコレステロールを減らす効果があります。

作用としては肝臓で合成されるコレステロールを抑制し、悪玉コレステロールを減らす一方、善玉コレステロールを増加させる事ができます。

高コレステロール血症に自覚症状がほとんど存在しないものの、時間の経過と共に動脈硬化を進行させ、狭心症や心筋梗塞の原因となる可能性があります。

血液中の脂質を改善する事で、動脈硬化の進展を遅らせる事ができるので、心筋梗塞を起こしたことのある人が使用すれば、再梗塞の予防にも繋がります。

症状や体質によって飲む量が異なります。

指示どおりに正しくお飲みください。

また、コレステロールの合成は夜間に活発となる事から、夕食後に服用するのが効果的です。

副作用としては、腹痛や吐き気、便秘や下痢などの胃腸症状が現れる事があります。

また、肝機能障害により吐き気や食欲の低下も生じる可能性がありますが、重い副作用になるケースは滅多にありません。

注意するべき副作用としては、飲み合わせなどによって現れる横紋筋融解症です。

筋肉の痛みやこわばりといった症状が現れるもので、服用直後ではなく長期の服用後に急に起こる可能性もあります。

そのため、リピトール服用中は医師の指示を守り、定期的に血液検査を受ける事が大切です。